インテリアコーディネーターは不動産分野で空間をプロデュース!

日々過ごす家を快適な空間にするためのエキスパートです。

インテリアコーディネーターは室内空間をデザインする仕事です。
住空間は、日々快適に暮らしていく上で、非常に重要なポイントとなります。
広さや間取り、使い勝手といった構造のデザインだけでなく、室内のカラーや照明、カーテン、家具、調度品、飾る絵画などが自分や家族の好みのものであることで、人々の快適さがアップします。

インテリアコーディネーターはその空間デザインを手掛けるエキスパートとして、顧客の要望や漠然としたイメージをもとに、インテリアをデザインし提案して、その実行をサポートします。
インテリアコーディネーターは、インテリア産業協会という団体が認定している民間資格です。
資格を取得するためには通信講座や専門学校で一定の事項を学び、マークシート方式の一次試験と、論文および、図面制作によるプレゼンテーションの実技試験に合格する必要があります。

独立して個人として働く方もいますし、関連業界に就職して仕事をしている人もいます。
その就職先は非常に多彩で、多くの分野からニーズがある資格です。
まず、建築事務所やハウスメーカー、マンション建設販売会社、工務店、リフォーム会社などの不動産関連会社があります。
外観や構造をデザインする設計士と、内装をデザインするインテリアコーディネーターが役割を分担し、かつ共同作業を通じて、顧客の理想とする住空間をデザインしていきます。

次に、照明メーカーや建材メーカー、家具メーカー、住宅設備メーカーなどがあります。
メーカーの内部で商品のデザインなどに関わるほか、メーカー直営のショールームで、取引先や一般顧客にコーディネートのアドバイスを行います。
そして、インテリアショップやデパートなどの家具・カーテン、キッチン用品売り場や、ホームセンターなどでも需要があります。

販売している商品を様々にコーディネートして顧客に提案をします。
顧客側はプロのサポートを受けて、トータルにコーディネートされた商品を一括して揃えられるメリットがあり、販売店側にも一括して商品を販売促進できるメリットがあります。
インテリアコーディネーターの提案は、1つの部屋から住居全体の空間のコーディネートにまでおよび、コーディネートする部分も、床の素材や色合い、壁の色や素材、天井や扉などの内装材から、照明、設備機器、カーテン、家具など多岐にわたります。
新築などの場合には、イチから全て提案することもありますし、リフォームや、既存の部屋を模様替えの場合には、現在の空間を活かしながら顧客の要望に応えていきます。