不動産の仕事で憧れの資格「建築士」

建築士には種類があり、それぞれ携われる業務内容が違います。

一戸建てやマンションのデザインを手掛けたい、大型ビルの設計に携わりたいと夢見ている人は多いと思います。
建築士は建物の設計や、工事が設計通りに正確に行われているかを監理する国家資格です。
一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があります。
それぞれの資格は、その業務範囲が、一定の規模の大きさまでなどに限られ、ビッグプロジェクトを担当したいなら、一級建築士を目指す必要があります。

二級建築士の場合は、高さ13メートルまたは軒高9メートルを超えない延べ面積1000平方メートルまでの木造住宅、非木造ならば300平方メートル以内の設計と工事監理ができます。
個人住宅の設計監理に携わるには必須の資格になります。
二級建築士は、大学や専門学校で一定の科目を履修すると、卒業した年に受験資格が得られます。
設計事務所やゼネコン、ハウスメーカーなどに就職した場合に、在学中から試験対策をしておけば、就職1年目の年に合格が可能になります。
同期入社のメンバーと差を付けたり、早くから実践的な業務に携わっていくためにも、試験対策は早めにしておくといいでしょう。
工学部や建築学科に所属している学生さんはもとより、理系の学生さんにオススメです。

これに対して、一級建築士は、全ての建物の設計監理ができる建築のエキスパートで、二級建築士が都道府県知事から免許を受けるのに対し、一級建築士は国土交通大臣の免許を受けます。
二級建築士の業務範囲を超える建築物や、500平方メートルを超える学校、病院、劇場、でデパートなど多くの人が利用する公共性の高い建物については、一級建築士でないと設計や工事監理ができません。

また、建築士法の改正で、一級建築士取得5年以上の実務を経験した者で、一定の講習を受講した場合には、構造設計一級建築士や設備設計一級建築士の資格が与えられるなど、ますます専門性や高度な技術、経験が求められています。
さらに、建築士会においても、5年以上の実績がある者が研修などを受け、認定をうけることで、それぞれの得意分野を表示する専攻建築士の制度を設けています。
二級建築士から一級建築士にレベルアップするのも、非常に大変ですが、建物という人の安全にかかわる構造物の建築・監理を行うだけに、ますます専門性や責任が強化される傾向にあります。

大手および中小のゼネコンなどにおいては、公共工事の入札が業務獲得と収益確保のための大きなポイントになりますが、公共工事の受注には経営事項審査というのがあります。
その際の技術力の証明に建築士資格は大きな武器となるため、これらの不動産会社では、社員に対して建築士になることを奨励しています。