マンション管理に関係する不動産の資格とは?

役割の違う資格が2つあります。

不動産関連の資格に興味がある方や、マンションを所有されている方は、マンション管理士とか管理業務主任者という資格について見聞きしたことがあると思います。
この2つの資格はどう違うのでしょうか?

分譲マンションでは、マンションの所有者全員によって管理組合が結成されます。
管理組合では共同住宅であるマンションで、お互いに気持ちよく暮らすためのルールを作成したり、長く住み続けられるよう長期の修繕計画を立て、その予算を捻出して費用を徴収するなどの業務を担っています。
年に1度は必ず総会を開いて、数名の代表者を選んで理事会を結成し、1年ごとにマンション管理の適正化や運営を行っていきます。
もっとも、マンション管理組合のメンバーは、マンション管理に関しては素人です。
理事会に選ばれたからといって、特別な知識があるわけではなく、たいていは持ち回りです。
そこで、マンション管理を適正に運営していくためのサポーターが、マンション管理士になります。

一方で、多くのマンションではマンション管理組合が自ら管理するのではなく、マンション管理会社に業務を委託しています。
たいていは、建設販売した不動産会社の関連会社のマンション管理会社によって、最初から管理されています。
管理を委託した場合でも、管理組合による総会の開催や理事会の結成は不可欠ですが、重要な決済以外はその多くで管理会社が担います。

この際、管理会社の窓口を務めるのが管理業務主任者です。
総会や理事会に出席して、運営をスムーズに進行したり、適宜必要なアドバイスやとりまとめを行っています。
マンション管理会社では一定数以上の管理業務主任者を雇うことが法律上義務づけられているので、マンション管理会社に就職したい場合には有利な資格といえます。
管理業務主任者は、いわば、マンション管理会社とマンション管理組合のコーディネーター的な役割を担います。

もっとも、管理業務主任者はマンション管理会社側の人間であり、マンション管理会社も営利企業ですから、委託手数料が高いなどの不満が、マンション管理組合から上がることもあります。
中には、管理業務が杜撰なところもあるでしょう。
そうした不満や心配を解決するために求められているのが、マンション管理士です。
マンション管理組合側に立って、マンション管理会社と交渉したりする役割も担ってくれます。

今後はマンションの新築だけでなく、老朽化したマンションの建て替えや、被災地など災害で倒壊したり損壊したマンションの再建や大規模修繕のケースが増えてきます。
建て替えや大規模修繕は、マンション管理組合を構成する所有者の大多数の賛成が必要になりますが、なかなか意見の一致が見られないケースが少なくありません。
このような状態を解決し、所有者の利益を調整するためにも、マンション管理士や管理業務主任者の役割はますます重要になっています。